仕事始めの着物

仕事始めの日に着たのは縞柄のお召し

そもそもお召しとは、通常の縮緬よりもコシが強く、紬よりもしっとりと落ち感がいい生地で

洒落着のカテゴリーになります。

洋服で言うと、おしゃれな仕事着的ポジションでしょうか。

合わせる帯は名古屋帯ですから、カジュアルなシーンに適しています。

実はこの紫地に桜柄の名古屋帯、軽く20年経った今でも現役で締められるのですから

着物の世界は単に流行に流されたりはしない、ということですね。

帯揚げ帯締めは大人っぽく淡いベージュで合わせてみましたが、20年前はかわいらしいピンクでコーデしていましたっけ。

d0339891_10345684.jpg




<< 一枚の着物に三本の帯 明けましておめでとうございます >>

佐藤有美ブログ


by satoyumikeizaikai