カテゴリ:ライフ( 38 )

一枚の着物に三本の帯

昔の人はよく「一枚の着物に三本の帯」と言っていました。

つまりコーディネートのこと。

この着物は柄のシンプルな紬の訪問着。

訪問着ではありますが、シンプル柄の紬ですから、正装というより、洒落着として活躍します。

無地が多い着物は帯を活かしたコーディネートができるので、着こなしの幅も広がって楽しいんですよ。

たとえばこんな感じ。

左は洒落袋帯、右は名古屋帯の合わせです。

格としてはほぼ同格で、結婚式や正式なパーティーには向きませんが、

仲間内のパーティーやお食事、観劇にはピッタリですね。

また、帯の格を上げれば、ビジネスパーティーなどにもOKです。

d0339891_10432455.jpg

年越しおうちカラオケ

毎年、叔母を囲んでいとこたちと年越しを楽しみます。

今年は、紅白見ながらお酒を飲む、というこれぞニッポンの年越し012.gif

今年の紅白って、やけに懐メロ多かったですよね。

かかる歌、ほとんど歌える(後半)

何で歌って、古い歌ばかり覚えてるんだろ。

そろそろ新曲歌いたいのに(笑)

d0339891_18571569.jpg



日没

打ち納めゴルフは午後からのスループレー

日中が短いこの時期は日没との戦いでもあります。

沈み行く美しい夕陽

しかし、ラストホールまであと二つ!!

d0339891_14061873.jpg


ゴルフ打ち納め

今年のゴルフの打ち納め

久々の河川敷コースです。

フェアウエイをカートで走行できるので、ボールのすぐ側まで行けちゃうので

歩かなくてもいい楽々ゴルフ。

ポカポカ陽気の空の下、打ち納めを楽しみましたよ010.gif

d0339891_14032838.jpg



サッポロビール園

サッポロビール園のジンギスカン鍋

北海道のカタチだった011.gif

食べるのに夢中で最後に気がつきました。

恐るべし食欲、、、(笑)。

d0339891_21485367.jpg



日当山温泉

鹿児島中央駅から日豊線に乗り換えて隼人駅で下車

お宿の車が迎えにきてくれました。

この日のお宿は日当山温泉。

心も暖かくなるようなネーミングがいいですね。

大きく広い温泉、だーれもいません!

温泉独り占め016.gif

極楽、極楽

d0339891_23323997.jpg



鹿児島一人旅

福岡出張を終えて、九州新幹線で鹿児島まで足をのばしてきました。

福岡から1時間20分で鹿児島中央駅に行けるようになった九州新幹線。

思えば九州新幹線開通は、東日本大震災の翌日でした。

華やかな開通記念イベントをすべて取りやめたJR九州でしたが、

後日、新幹線開通を祝う地元の人たちの応援メッセージCMがYouTybeなどにあげられ、素晴らしいと話題に上がりましたね。

あれからもうすぐ5年。時が経つのは早いものです。

d0339891_23264553.jpg












神宮の宇治橋


正式参拝を終え、帰途につく参道

ふと見ると、参道の奥にきれいな椿が咲いていました

「わあ、きれいな椿」

椿を愛でて、ふと見ると、この景色が016.gif

何度もこの橋を渡ったけれど、こんな角度から見るのは初めて!

新鮮で素敵宇治橋の姿にしばしうっとり053.gif

d0339891_09590445.jpg



おかげ参り

毎年年末の伊勢参りが習慣になってから早15年

初めての伊勢参りは父のお供として行きましたっけ

父が車椅子になって遠方に出かけることが厳しくなった頃から

父の習慣をそのまま引き継ぎ、今ではすっかり私の習慣になりました。

しかし、ここに来ると、いつも父のことを思い出し、心が温かくなるのです。

父は杖をついて、悪い足を引きずりながら、真冬だというのに額から汗が噴出しながら

ただ前を向いて歩いていたっけなあ012.gif

後なんか振り返らなかった父を思い出したら、ふわりと風が舞いました

今日は父は風になって一緒にお参りに来てくれたのかな053.gif

d0339891_09530013.jpg





外宮のご神馬さま

伊勢神宮のお参りの仕方は

まずは外宮から。

正式には豊受大神宮(とようけだいじんぐう)

衣食住を司る神様です。

外宮のご神馬さまに会えました012.gif

優しい目の表情がなんともいえません。

d0339891_22250131.jpg



佐藤有美ブログ


by satoyumikeizaikai