<   2013年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧

ダイエット第一難関?突破!!

ダイエットをしていると公言してほぼ一ヶ月。

目標は2ヶ月で5キロのダイエット

連日会食が続き、おいしい差し入れもたくさんある日常で、

自分で努力するのは、食事と運動、これっきゃありません

ダイエットのために、高機能体重計も買って、毎朝さまざまなデータチェックを続け、

ダイエットノートに数字を書き込む日々です

-1~1.5キロで安定していた我が体重

今朝、体重計に乗ったときに

-2キロ達成

やった、-2キロ

しかし、コレで喜んではいられません

目標まであと3キロですから、油断大敵

しかし、ノートに書く、という行動と、そのデータをチェックしながら、一喜一憂することは

「意識付け」にはとても役に立っている気がします

引き続き、意識を高く持って頑張るぞ~

d0339891_10510378.jpg

iphonも衣替え

未だにガラケーとiphon二個持ち中です

ガラケーとは、いまや、ガラクタ携帯といわれバカにされる傾向にあるようです

だって、ガラケーの方が、メールが楽なんだもん

というのが、手放さない理由なのですが、

iphonもしょっちゅう落っことしたりするので、

カバーのラインストーンがハゲハゲになっちゃった

しかし、カバーで保護しているから落としても本体が壊れることなくすんでいると思うと、

カバーはありがたいグッズなのです

ハゲチョロケのカバーでは、さすがに惨めでかわいそうなカンジなので、

iphonカバーも衣替え

春だしね、というわけで、こんなん着せ替えてみました

d0339891_10510308.jpg

お花が満開!

東京の桜もまだ頑張っています

昼間の青い空と桜もなんとも美しい日本の春の象徴です

d0339891_10510326.jpg


夜桜もまた、妖艶な姿を見せてくれます

d0339891_10510428.jpg


桜と一まとめにして言いますが、ソメイヨシノだけでなく、しだれ桜や、大島桜、、、種類も色々で

美しい姿を楽しませてくれますね。

コレは、一本の木に白っぽい花と濃いピンクの花が咲く、謎の花。

d0339891_10510424.jpg


白い花に赤い筋が模様のように入っているのが、

筋の色がだんだん強く広がって濃いピンクの花になるようです

仲良く咲く二色の花、なんともいとおしく感じますね

母の辻が花

「70歳をすぎた頃から、腕がうまく上がらなくて、二重太鼓が結べないのよ」

そんな愚痴を言いながら、

「でも、この帯ね、松屋に勤めているときに買った二部式なのよ。コレなら一人でお太鼓が作れるから助かるのよ」

なんと、母の帯は母が父と結婚する前の20代の頃に買ったもの

つまり、50年もの年代モノですが、今でも素敵に活躍できているんです

黒地の帯ってかなりスグレモノですね

母のお気に入りの辻が花の着物で観劇。

いかにも通っぽい趣味人の着物です。

私も着物で行きたかったなあ~。

d0339891_10510581.png

こよなく歌舞伎を愛する母と

歌舞伎座開場式のご招待をいただいたとき、

即効で母に電話をかけると

「あら!嬉しいわっ!おめでたい席に行けるなんて」

電話口で想像以上にはしゃいでいる母

その日から毎日何を着ていこうか悩んでいたといいます(笑)。

母はお気に入りの辻が花の着物でお出まし

歌舞伎座にはやっぱり着物が似合いますね

「孝夫さん(片岡仁左衛門)を見れたし、シアワセだわあ~」

5月に79歳になる母

いつまでも孝夫さんに萌えていてもらいたいな

d0339891_10510514.jpg

歌舞伎座開場式!

いよいよ、新・歌舞伎座の?落し間近!

開場記念イベントが目白押しな一日です

d0339891_10510553.jpg


新しい歌舞伎座は、コレが5代目なんですって

入ったとたん、新しい匂いがしましたよ

役者さん勢ぞろい

圧巻ゴージャスブラボー

d0339891_10510581.jpg

実家のネコ・さくらちゃん

実家にさくらちゃんがやってきたのは、

5年前の今頃でした。

当時、父が入院中で、母は連日父の病院に通い、疲れ切っていました。

ある日、父の病院から母と一緒に実家に帰ると、玄関で仔猫がニャーニャー鳴いているではありませんか

「あら、イヤだわ、このコ、また帰ってきちゃったのね」

母は疲れきった表情でそう言います。

何でも、この5日間、母が自宅に帰るとこのコが玄関の前で鳴いている、というのです。

「ネコちゃん、私は今とても大変だから、あなたをかまってあげられないのよ、と言ってね、お兄ちゃん(私の弟)に捨てに行ってもらったのに、、、」

見知らぬ仔猫が玄関で鳴いていたのを、わざわざ捨てに行ってもらったのに、また戻ってきたというのですから、よっぽどこのネコ、ここが好きなのかな

「ママ、捨てられてもまたここに戻ってくるなんて、よっぽどママと一緒にいたいのかもよ。せっかくだから、飼ってあげたら」

と、いうわけで、その日から仔猫の根気勝ちで、めでたく?ウチのコになりました。

さしずめ、押しかけ女房ならず、押しかけネコ

桜の花の咲く季節にやってきたので「さくらちゃん」と名づけられ、

父の入院で、心細く不安な日々を送っていた母ですが、さくらちゃんがやってきてからは、笑顔が戻ってきました

今でもさくらちゃんは母の癒し担当として、いい仕事してくれていますよ(笑)。

d0339891_10510624.jpg

ダイエットのミカタ!美容ローラー

何かイイモノないかなあ~

そんなキモチで時々足を運ぶ、ドンキこと、ドンキホーテ。

ふらっと入ってすぐに目に飛び込んできたのが、「3D美容ローラー」

何コレ

d0339891_10510657.jpg


スイッチを入れて、ローラーを足に当ててみたら

おっ、いいカンジではありませんか

見た目、ごつごつして痛そうですが、ちっとも痛くはありません。

つまみ揉みほぐすカンジが、キモチいい

しかも防水なので、お風呂の中でも使えるらしい

いいな、と思ったら、四の五の言わずにさっさとゲット

ふくらはぎを揉んでみたら、こりゃまたいいカンジ

お腹、二の腕、お尻に太もも

所かまわずぐりぐりと揉んでみました

お~、なかなかキモチいいではありませんか

コレで痩せるかどうかは別として、足のむくみ対策にはかなり高得点

またまた美容グッズが増えちゃった

d0339891_10510733.jpg

古くなったリンゴの救済方法!

冷蔵庫内を時々チェックしないとタイヘンなことに

「そうだ、ワインセラーの中もチェックしなくちゃ」

するとどうでしょう、ワインセラーの中に忘れ去られていた古いりんごが、、、

皮をむいて食べるとぼそぼそ、、、

がっかりすると同時に、かわいそうなりんごに心から詫びを入れつつ

そうだ、煮てみよう

アップルパイの中身の煮りんごってオイシイですから

皮をむいて、一応塩水にさらして、小さくカットしたものを鍋に入れ

レモン汁とはちみつ少々を振ってから蓋をしてコトコト中火~弱火で煮てみました

水分がいい感じに飛んだら出来上がり

とってもおいしいおやつに変身です

子供が小さかったときは、これをギョーザの皮で巻いて、カラッと揚げておやつにしましたっけ

今は、このままいっちゃいますけどね

d0339891_10510729.jpg




古くなった

神への誓い?

実は、ゴルフなんか絶対やるもんか、と神に誓っていたことがあります(笑)。

父が超ゴルキチだったので、出張で留守をするほか、家にいないときはほとんどゴルフ漬けだった父。

そんな父が51歳の時に小金井カントリー倶楽部で脳卒中で倒れ、

以来左半身不随に。

だからゴルフを恨んでいたこともあったのですが、

半身不随になった父が真っ先に始めたのが、ゴルフでした

左半身が麻痺して、杖をついて足を引きずりながらも、右手一本でゴルフを続け、

病気復活後もゴルフ漬けな日々

そんな父も、かつてはゴルフを否定して「経営者は即効ゴルフなんか辞めるべきである!」なんて豪語していたくせに、

ある人にまあいいからやってみなさいと言われて、神に誓った契いを破って、すっかりゴルフにはまっちゃったのです

そのはまり方は尋常ではなく、家を買うか、ゴルフ会員権を買うか、選択を迫られたときに、父は有無を言わずに、小金井カントリー倶楽部の会員権を選んだのですから、

そのとき母はさぞかしがっかりしたことでしょう(笑)。

私の場合はそんな大それたことではなく、ゴルフができたらお付き合いの幅も広がるかも、と思い、練習に励んでいるうちにはまったパターンですが、

「経営者がゴルフなんかで遊んでいるヒマがあるなら仕事するか、ちゃんと休んでリフレッシュするかにせいや」とゴルフ否定をしていたこともありまして、、、(笑)。

親が親なら、子も子(笑)。

神様への誓いは、時々変わることもあるのです(笑)。

人間だもの

d0339891_10510761.jpg