<   2015年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

札幌グルメ

札幌にはおいしい食材を活かしたお店がいっぱいあります

札幌大丸の8Fにあるミア・アンジェラ

ココは、北海道の食材を活かしたイタリアンで有名です。

ホタテのパスタをいただきました。

塩の香りを感じながら、北の海の幸、バンザイです

d0339891_10455522.jpg

草履の鼻緒

着物文化が定着している京都では

草履の鼻緒も自分が気に入ったものにカスタマイズする人が多いのだそうです。

私も真似して、白の草履の鼻緒をすげ替えました。

白地にビーズの鼻緒

訪問着だけでなく、もう少しカジュアルな着物にも合わせられそうです

d0339891_10455529.jpg

祇園で記念撮影

お茶屋さんあそび、楽しませていただきました

記念撮影、こころよくお受けいただきましたえ~

d0339891_10455505.jpg

日本の宝

京文化でもあるお茶屋さんあそびでは

ホンモノの芸を観れることがなんといっても醍醐味です。

少女の頃から親元はなれ、芸だけでなく、接客などの修行を重ねてきた賜物です。

現代でも独自の厳しい教育を叩き込まれた舞妓さんや芸伎さん。

日本の宝どすえ~

d0339891_10455632.jpg

舞妓はんの踊り

祇園のお茶屋さんで

舞妓はんの踊りを鑑賞しました。

舞妓志願の少女は、親元はなれて置きやさんで共同生活をし、

おねえさんたちの下働きをしながら、日々お稽古に励みます。

辛いこともたくさんあるでしょうが、それらを乗り越えてきた人だけが

舞妓として、お座敷に出れるようになるのです。

本気で修行を積んだ稽古を重ねた芸は、

見る人を魅了します

なんて素敵なんでしょう。

d0339891_10455623.jpg

祇園の舞妓はん

お茶屋さんあそびに連れて行ってもらいました。

可愛らしい舞妓さん。

京言葉で語りますが、実は栃木県出身なんですって。

「いやあ、はずかしわあ~、みーんな知らんといなかやさかいに~」

お座敷に出るまで2~3年修行を重ねるそうですが、

厳しい修行を乗り越えてきた人だけがお座敷に出れるのですから、

ようがんばりはりましたなあ~、と褒めてあげたい

d0339891_10455770.jpg

〆のお食事

割烹梨吉での〆のお食事は

炊き込みのおこわが少々。

お酒を頂いたあとに、ちょっとだけご飯。

この絶妙な量といい、さじ加減すべて計算しつくされています。

和食は世界一と誇らしい気分です。

d0339891_10455778.jpg

京都の小料理屋にて

大阪出張から足を伸ばして京都まで。

お客様とお食事会のためにやってきました。

この日のお食事は、割烹梨吉

いかにも京都っぽい細い路地を入ったところにある小さな割烹です。

アンティークの食器といい、キメの細かいお料理といい、

和食が世界遺産に選ばれた理由がわかる気がしますね。

d0339891_10455755.jpg

ホテルのブレックファースト

関西経済界倶楽部のために大阪にきています

今回の開催場所は帝国ホテル大阪

ホテルに沿って川が流れ、ウォーキングできる遊歩道があります。

かつて、父が元気だった頃、父と歩いたことを思い出しました。

父は足が悪くて杖をついていたくせに、歩くスピードが早くて、

私はいつも小走りでしたね

そんなことを思い出しながら、ブレックファースト

サラダやフルーツおかわり自由(笑)

d0339891_10455838.jpg

帝国ホテル大阪のお雛さま

春節です!

ココ、大阪も中国からの観光客でいっぱいです。

帝国ホテル大阪のエントランスに飾られたお雛さま

外国人観光客にも大人気

d0339891_10455819.jpg

佐藤有美ブログ


by satoyumikeizaikai