<   2016年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

白マッシュルームとトリュフ風味のパスタ

イタリアンの〆は、パスタ派ですが

すでにたくさんいただいているときは、あっさり系がいいですね。

近所のイタリアンの〆パスタに、

白マッシュルームとトリュフ風味パスタをいただきました。

マッシュルームの優しい風味と、トリュフの香りがゴージャスです010.gif

お味はニンニク塩味でさっぱりと016.gif

シアワセ~な一品です!

d0339891_10230201.jpg



真っ赤ないちご入りサラダ

近所のイタリアンレストランでいただいた絶品サラダ

レタス、トマト、紫キャベツなどと一緒に真っ赤な旬のイチゴが016.gif

ドレッシングはさっぱりしたレモンベース。

野菜といちごなんて、想像もしなかった!!

ジューシーでフレッシュなお味に脱帽です053.gif

d0339891_10165242.jpg



根菜と豆乳のスープ

1年で一番寒いこの時期

「特別なスープを あなたにあげる~ あったかいんだからぁ~」

クマムシの霊の曲を思い出します(笑)。

私的、特別なスープは、ヘルシーでおいしい豆乳&根菜スープ

根菜類を鍋に入れ、ひたひたの水とブイヨンで煮込んで、豆乳を加えさらに煮込みます。

この日の根菜は、安納芋、にんじん、蓮根、玉ねぎとキノコ類、ビーンズも入れました。

ブロッコリーは別茹でです。元気が出る色合いになります。

さらに、鳥の手羽に軽く塩コショウしたものをさっと焼いて、スープにトッピング。

豆乳スープに肉類を入れて煮込むと分離して美しくないので、肉類を入れるときは必ず別に調理してからトッピングするのがポイントです。

栄養価も高く低カロリー、温かくておいしいスペシャルスープですよん053.gif

d0339891_09472748.jpg



絞り総柄の訪問着

この日のパーティーに着た着物は

絞りの総柄訪問着。

渋めの色なので、ビジネスパーティーにも浮きません。

帯は金糸のラインに小花柄の刺繍の袋帯を合わせました。

もちろん着付けはセルフですよ012.gif

d0339891_15544752.jpg



着物ヘア

若い頃、着物で仕事をしていたので、

ヘアセットも自分でやっていました。

今でも手が覚えているので、自分でセットすることもよくあるんです011.gif

このヘアも自分でセット。

自分でできるって、ホントに便利ですよ~。

ヘアセットのポイント?

美容院でセットしてもらっている時に、美容師さんの仕事をしっかりチェックすること。

髪を前、後ろにブロックして、中心に芯を作り、すき毛をセットしてカタチ作るんです。

着付けと同じで組み立てていくイメージですかね。

コレは15分程度で完成しました。

ぜひチャレンジしてみて011.gif

d0339891_15480967.jpg





日本チェーンストア協会新年賀詞交換会

ライフコーポレーションの清水信次さんは、今年90歳になられます。

戦争体験を持つ清水さん、まさに現場で日本の歴史を目の当たりにしてきた生き証人。

今の日本を憂いながらも、若い世代に勇気を与えてくれる、日本の宝です。

激しい時代を生き抜いてきましたが、

この日は満面の笑みで、すっかりご利益キャラに。

晩年の父を彷彿してしまいます。

いつまでも長生きして、私たちに叱咤激励してくださいね!!

d0339891_15343625.jpg


金の卵発掘プロジェクト2015審査員特別賞!

金の卵発掘プロジェクト2015受賞者は、

iphonの修理をどこよりも早く、安く仕上げてくれるサービスを提供する

ゴキゲンホールディングスの戎祐次さんと

スマホ上で、マイオリジナルアクセサリーが作れるアプリ「monomy」を運営する

ファンアップ社長・山口絵里さん。

周囲の人もゴキゲンな気分になってしまうパワーあふれる起業家や

元気で溌剌とした女性起業家がもっともっと活躍することで

日本はもっと元気に変わっていくと信じています。

お二方、おめでとうございます!!

d0339891_15280712.jpg



経済界大賞!

弊社の一大イベント「経済界大賞&金の卵発掘プロジェクト」授賞式&祝賀会を開催しました。

約1000名のお客様をお迎えしました。

第41回経済界大賞は、HISの澤田秀雄さん016.gif

表彰式を終えて、懇親会での一枚。

左側の方は能楽囃子大蔵流太鼓重要無形文化財総合認定保持者の大倉正之助さん。

いつもこの会にいらしてくださいます。

d0339891_00123037.jpg


一枚の着物に三本の帯

昔の人はよく「一枚の着物に三本の帯」と言っていました。

つまりコーディネートのこと。

この着物は柄のシンプルな紬の訪問着。

訪問着ではありますが、シンプル柄の紬ですから、正装というより、洒落着として活躍します。

無地が多い着物は帯を活かしたコーディネートができるので、着こなしの幅も広がって楽しいんですよ。

たとえばこんな感じ。

左は洒落袋帯、右は名古屋帯の合わせです。

格としてはほぼ同格で、結婚式や正式なパーティーには向きませんが、

仲間内のパーティーやお食事、観劇にはピッタリですね。

また、帯の格を上げれば、ビジネスパーティーなどにもOKです。

d0339891_10432455.jpg

仕事始めの着物

仕事始めの日に着たのは縞柄のお召し

そもそもお召しとは、通常の縮緬よりもコシが強く、紬よりもしっとりと落ち感がいい生地で

洒落着のカテゴリーになります。

洋服で言うと、おしゃれな仕事着的ポジションでしょうか。

合わせる帯は名古屋帯ですから、カジュアルなシーンに適しています。

実はこの紫地に桜柄の名古屋帯、軽く20年経った今でも現役で締められるのですから

着物の世界は単に流行に流されたりはしない、ということですね。

帯揚げ帯締めは大人っぽく淡いベージュで合わせてみましたが、20年前はかわいらしいピンクでコーデしていましたっけ。

d0339891_10345684.jpg




佐藤有美ブログ


by satoyumikeizaikai