「ほっ」と。キャンペーン

大晦日・父と伊勢参拝の思い出

はじめまして。経済界社長の佐藤有美です。

初めてなので自己紹介、と思ったのですが、今日は2012年の大晦日ですから

野暮な自己紹介は後回しにして

唐突ですが、大晦日の思い出を、、、。

父から社長をやれ、と言われたあの日から早11年。

今でこそ、父は車椅子生活になって穏やかな老後を過ごしていますが

11年前は現役でしたし、杖をついているくせにやけに元気で周囲を振り回すほどでした。

そんな父が毎年欠かさない行事の一つにお伊勢参りがあり、

大晦日に志摩観光ホテルに泊まって、翌日(正月)の朝4時にお迎えの車で伊勢神宮に参拝する、というのが毎年のことでしたが、

大晦日=休日ですから、家族の中では今年は誰がパパの餌食になるか、押し付けあったものでした(笑)。

たいてい母か私にお役が回ってくるのですが、社長になったとたん、コレも私の仕事になったわけで、、、。

当時の父は杖をついて歩いていたものの、やはり宿泊となると大変だと自覚するようになっていたようで、

日帰り参拝でした。

大晦日の始発の新幹線で名古屋まで行き、名古屋から近鉄に乗り換え、宇治山田駅に降りると、近鉄さんのアテンドで伊勢神宮内宮まで。

伊勢神宮は鳥居をくぐって内宮まで普通の人の足で15~20分歩くのですが、

父は杖をついて、私にもたれかかりながら、足を引きずるようにしてゆっくり歩きます。

よろよろと歩く老人とそれを支える娘を、参拝客にどんどん追い越され

「パパ、大丈夫、もう少しだけど、車椅子に乗る?」

「いや、大丈夫です、私は自分の足で歩きたいんですよ」

そういいながら、外気温3度と寒いのに、父の額にはうっすらと汗がにじんでいました。

そんな父の横顔を見ながら、心の中で父に声援を贈ったものです。

三歩歩いてため息をつき、また三歩進み、、、そんな感じでゆっくりゆっくり前に進みます。

時々、父は私の肩に思い切り体重をかけてくるので、父を支えるのに精一杯でしたが、

ようやく内宮の階段下に到着したときの父の嬉しそうな顔といったら!

d0339891_10520366.jpg


この写真が父の最後の伊勢参りの思い出となりました。

あれから10年。伊勢神宮も来年は式年遷宮で新しいお社にお引越し。

父も新政権に喜ぶ一人でありますが、

今の時代をしっかり目に、心に、焼き付けながら長生きしてもらいたいものです。

いつの時代も変わらないものと変わりゆくものがあるように、

我々経済人も、新しい時代の波に乗っていきたいものです。

良いお年を!!

d0339891_10520312.jpg

佐藤有美ブログ


by satoyumikeizaikai